君にも見える趣味の星HMM-033 EZ-049 バーサークフューラー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

HMM-033 EZ-049 バーサークフューラー

WS000019.jpg
無印に続いてスラゼロもニコ生で放送中ですね。



全26話だから第9話までしかないけどそれでも毎週盛り上がっております。



さらに最後の週となる今週に特番も控えておりさらに盛り上がることでしょうか。



そんな流れだし、またアルティメットニッパーで大型キットを作る経験もしたかったので今回積んでいたHMMバーサークフューラーを作りました。



(時系列的に加賀さん作ってすぐの事です。)









IMG02120.jpg
おかげでアルティメットニッパーで作ったゾイド披露としては2体目になっちゃった。







IMG02122.jpg
そんなわけでHMMバーサークフューラーです。



BFですらもうすぐ2年前のキットになると思うと時の流れが早いものです。



CAS対応してるわけですが、果たしてシュトゥルムフューラーはアナウンスされるのか気になるところ。









IMG02131.jpg
現状バリエらしいバリエはキャンペーン品のホロテックぐらいで、正式なのはありません。



カラバリがシュトゥルムテュランとか、エスパーダしかないしね……しかもバーサークではなくシュトゥルムだし。



可動自体はこの時期のHMMらしく、ガシガシいけさまざまなポージングがとれます。



ポロリも力加減さえ間違えなかったらないから、文字通りガシガシ。









IMG02124.jpg

前面

申し訳程度のHMMアレンジが施されておりますが、トラベリングベルトを外せばこの姿では本家とほぼ同じになるし言うほど気にならないです。



なお脱いだり開いたりすると尾の先端である小型バスタークローが目立つ模様。











IMG02126.jpg

側面



HMM化したことで装甲にディティールが増え平面さがなくなったというか。



また足の長さが人によっては気になるところ?










IMG02128.jpg

背面

電動ギミックがないことで可動王以来の曲がる尻尾を実現してるのがポイントですね。



関節がポリパーツじゃないから動かしすぎてヘタれないように気を付けないと。










IMG02132.jpg
IMG02134.jpg
IMG02135.jpg

エレクトロンファング 荷電粒子砲

アニメさながらのように素体の顔に装甲が追加され、コックピットが二重装甲に。



中にはベガのフィギュアが座っております。









IMG02140.jpg

ストライクレーザークロー

本家同様爪が稼働する。








IMG02141.jpg

バーニアスラスター

力を入れると分解しちゃうから気を付けないといけないところ。








IMG02143.jpg

ストライククロー アンカー

アンカーの軸が摩耗してヘタれないか心配だけど、そうそう発射体型にしないってか?



またジェノブレイカーと違い、足の爪が独立して可動しないです。



というか一体化してるから斜面とかに設置する際に細かい表情がつけられないですが、ジオラマとかにおかない限りは特に気にしなくていいかな。










IMG02148.jpg

荷電粒子ジェネレーター×3

全体の連動ギミックがないからそりゃ独立して動くよね。









IMG02152.jpg

ストライクスマッシュテイル 小型バスタークロー

HMM化で一番物議をかもした部分がこのあたり。



まさかの尾の先端にバスタークロー実装というアレンジを加えてきました。



まあ、本家の焼き直しだけじゃつまんないし個人的にはアレンジを加えるという勇気に称賛したいです。










IMG02155.jpg

イオンブースターパック

ハイマニューバースラスター









IMG02157.jpg

バスタークロー

(マグネーザー/Eシールド/AZ185mmビームキャノン)


トラベリングベルトが追加されたことで、バスタークローの収納姿の見栄えがよくなったというか均一に整えられたというか。



個人的に封印された武装っぽく見えるから好き。










IMG02159.jpg
バックパック自体今回「バーサークユニット」と名されたけど、果たしてry.










IMG02163.jpg
IMG02166.jpg
IMG02169.jpg

ここまで攻守一体の武装を搭載したゾイドは珍しく、バーサークフューラーの特色の一つといって過言ではないでしょう。









IMG02172.jpg

ゾイドコア(ゾイド生命体)


ベガ・オブスキュラの立ち姿のフィギュア付き

画像紛失のためベガの画像は再撮影出来次第掲載する予定です…。









IMG02265.jpg
メカニカルベース フライング3に対応。










IMG02257.jpg
お次に素体姿。



説明書には一切明記されてないのには個人的に驚きました。



この場合説明書にある写真のを真似るべきか、文字通り外せるところまで外すべきか悩んだけどここは写真通りに。










IMG02261.jpg

写真通りにすると小型バスタークローも目立たないし、この辺りは人の好みかな?










IMG02258.jpg

前面










IMG02259.jpg

側面










IMG02260.jpg

背面











(申し訳程度の)レーッツアクション!!
IMG02262.jpg
IMG02263.jpg
IMG02264.jpg
IMG02268.jpg
IMG02271.jpg
IMG02274.jpg
IMG02277.jpg









IMG02280.jpg
そんなわけでHMMバーサークフューラーでした。



個人的にお勧めしたい一品、お値段さえ高くなかったらそりゃ特に(苦笑



出来もいいし作りやすいですし、小型バスタークロー以外は万人受けする姿してますし。




ZOIDS EZ-049 バーサークフューラー (1/72スケール プラスチックキット)ZOIDS EZ-049 バーサークフューラー (1/72スケール プラスチックキット)
(2012/08/28)
壽屋

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
category
HMM
tag
ゾイド
HMM
コトブキヤ

Trackback

http://ultramanday.blog71.fc2.com/tb.php/148-1af2a744

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。