君にも見える趣味の星threezero ZOIDS IRON KONG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

threezero ZOIDS IRON KONG

ゾイドに至っては前回の更新がレオブレという恐ろしさ。


まあそれだけ新製品が出てなかったていう証にもなるわけですが。(リパケや円盤は除く)


そんな今回は一時期は発売そのものがゾイダーの間で危ぶまれていたこいつを紹介します。




IMG06037.jpg

帝国の象徴たるゾイド、出撃!





IMG06040.jpg
というわけでスリーゼロよりアイアンコングです。


だからデザインもコンセプトアート基準となっております。


そしてスリーゼロ製だから個体差も激しいかと?







IMG06047.jpg
基本的な仕様も含めてシールドライガーと同じ感じで扱っていけますが、大きいことと可動範囲の狭さから物置化するのもやむなし。







IMG06041.jpg

前面
1/72スケールだけど、シールドの時と同様で本家より大きいです。



また結構重いので扱いには気を付けないと。








IMG06043.jpg

側面








IMG06045.jpg

背面









IMG06061.jpg
IMG06059.jpg
IMG06141.jpg
IMG06074.jpg
IMG06076.jpg
IMG06075.jpg

武装など
本家より武装が減ってることもありなかなかどうしてこう的な?



ノコギリ部分はちゃんと回転しますが、回しすぎて摩耗させないように?



そして眺めて分かる通りウェザリングが冴えわたっております。



ところで個体差なおかげが、親指の関節がだめになってるのがアレです。






IMG06062.jpg
IMG06063.jpg
腰は固定するか否か選べる仕様なので、アクションさせないときは重宝します。






IMG06029.jpg
腕のチューブも取り付け式。



ただ腕のチューブは動かすと外れやすいし、まず取り付ける際に穴の大きさがあってないために微調整しないといけなかったです。








IMG06031.jpg
IMG06033.jpg
IMG06069.jpg
IMG06070.jpg
IMG06077.jpg
IMG06071.jpg
割と装着させるのにドキドキさせたところ。



蓋的な部分がとれちゃったことも含めてw








IMG06048.jpg
IMG06050.jpg
IMG06139.jpg
IMG06053.jpg
IMG06054.jpg
IMG06057.jpg
IMG06058.jpg

コックピット


なんとなくデスステを思い出す発光の具合。



分かりにくいけど二人乗りです!



スイッチも目を凝らさないと目立たない大きさなのはシールドと変わらない。








(申し訳程度の)レーッツアクション!
IMG06086.jpg
IMG06067.jpg
IMG06078.jpg
IMG06083.jpg
IMG06089.jpg
IMG06088.jpg









IMG06090.jpg
そんなわけでスリーゼロアイアンコングでした。



値段もさることながら、3回の延期もあり色々な意味で厄介な存在でした。



その分出来は申し分ないけど個体差…。



それでもCAデザインのゾイドをその手にっていう意味では貴重な商品なだけに、またシールドの次にアイアンコングを出すという豪胆さの点に関しては褒めることが出来ます。



関連記事
スポンサーサイト
category
海外など
tag
ゾイド

Trackback

http://ultramanday.blog71.fc2.com/tb.php/185-1747f6e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。