君にも見える趣味の星RBOZ-08 MADTHUNDER【マッドサンダー(トリケラトプス型)】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

RBOZ-08 MADTHUNDER【マッドサンダー(トリケラトプス型)】

デスザウラーに引き続いて今回はマッドサンダーです。



旧デスザウラーに対して、旧マッドサンダー。



でも旧といっても拘りがない人からしたらどっちでもいいよねっていう。



そういうレベルで新旧に違いが少ないのよね。







IMG_5541.jpg 
回転する2本のドリルでデスザウラーを倒せ!

こっちは無事に動いた。











IMG_5542.jpg そんなわけで旧マッドサンダーです。


全長:41.8m 全高:16.6m 全幅:13.0m 

重量:585t 最高速度:100㎞/h 

武装:マグネーザー×2 サンダーホーン 反荷電粒子シールド 

ハイパーローリングチャージャー ショットガン レーザーサーチャー

二連大口径衝撃砲 キャノンビーム砲×2 4連ビーム砲


ゼネバス帝国との熾烈な戦争、凌ぎを削りあう科学者たち。



決定打を与えることができない帝国、とにかく時間がほしい共和国。



その果てない犠牲と戦いの末についにロールアウトされたのがこのマッドサンダーです。



すべての共和国民の想いや期待を背負い、いざ往かん共和国首都へ。



そして叩き潰せデスザウラーを。



そんな背景の元、生み出されたマッドサンダーのデザインはまさにこの後末期ゾイドが生み出されるとは微塵にも思わせてくれない素晴らしさです。








IMG_5553.jpg
対デスザウラー用、そしてただの一ゾイドではなくフラグシップとしての役割も十分に果たすことが出来る。


戦術的にも戦略的にも、あらゆる戦況で活躍できるような設計思想。



ただし弱点もあり対空戦に関してはほかの同クラスに比べたら劣っていることもあり、後々ギル・ベイダーに蹂躙される未来が待ち受けていた…。



それでも大陸間戦争終盤までウルトラやゴジュラスとともに共和国の第一線を支えた名ゾイドです。








IMG_5548.jpg 
前面

見てください、このデスザウラー絶対殺すゾイド



デスザウラーが叩き伏せられるならそりゃ、ほかのゾイドもこんな前面を見せられた日には。









IMG_5551.jpg

側面

改めてみると電動ゾイドならではのデザインというか、バランスというか。



可動化させるとそのきわどいバランスが崩れ落ちて、要所要所を誇大化させないといけなさそうってのが個人的見解。









IMG_5552.jpg  
背面

マッドサンダーの弱点(戦史的にもリアルにも)が丸見え。


ここをいかに守るかがゾイダーの役目なのだ。









IMG_5559.jpgIMG_5554.jpg IMG_5562.jpg

二連大口径衝撃砲 キャノンビーム砲×2


マッドサンダーのリアルな弱点。



なんというか根元が折れやすい、そして対空戦にも一抹の不安があったりもする。



そしてほかの大型ゾイドと違い、シールドライガーMK-2の改造セットを丸々流用しておりその大きさを物語ります。



逆に言うとジャンクで手に入れた際、ビームキャノン一式をどこからか調達したらなんとかなるとも。



おかげで数少ないキャップを2種類用いるゾイドとなりました。










IMG_5571.jpgIMG_5563.jpgIMG_5564.jpg 
司令室が内蔵されている決戦兵器。


戦車並に狭苦しいけど、困惑した戦場でお互いの顔が見られるってのは励みになりそう。



なんとなくグラビティキャノン撃てそうな部屋でもあるw








IMG_5570.jpg 
ハイパーローリングチャージャー 

付属のシールを張り付けて初めてデザイン的に完成される部分。



確かに莫大なエネルギーを生み出してるとはいえ、傍から見ても弱点ってわかる。



でも電動で動かしてる時のワクワク感は本当にたまらない。








IMG_5581.jpg 
ショットガン


兵装的にビームキャノンのエネルギーを伝える部分をショットガンに応用できるのかって気になる。











IMG_5558.jpg 
レーザーサーチャー

装甲の部分と合わせてとにかく折れやすいところ。



流用されたところだから、ちょっとデザイン的に見えちゃダメなあたりが見えるのは仕方ない。



気になる方は気になるだろうし、慣れてしまった人はもうそれが当たり前と見える。



でも冷静に考えると、どうしても動きが激しくなってしまう足の部分にレーザーサーチャーを取り付けるのって敵を狙いすますとき、逆にこちらが狙いすまされそうだよねって。









IMG_5556.jpg 
4連ビーム砲

マッドサンダーの鬼門。



たいていのマッドサンダーはここがだめになり、武器ごとなくなりいわゆるジャンクと化してしまう。



大体、構造的に若干対空してるのが…もしくは根元がもう少し太ければ。



我が家の旧雷神は運良く折れてないので大丈夫。








IMG_5568.jpgIMG_5565.jpgIMG_5569.jpg 
マグネーザー×2 サンダーホーン


マッドサンダーといえばこれ!!



PSゾイドでは精神集中とともに猛威を振るうマグネーザー。



2スピード式で高速回転か否かを選べる優れもの。



そしてニュートラルにすれば止めた状態で歩かせることが出来るので動かしていて楽しい。



形状記憶合金だから完全に分解しない限りは元通りになるという何気に反則じみた武装です。



マグネーザーとともにサンダーホーンでデスザウラーのコアを穿て。









IMG_5580.jpg 
反荷電粒子シールド

よくよく話題になる荷電粒子砲をここに当てなくてもええんとちゃうという。



そこは野暮なのか、はたまた戦況的にどうしてもここに当てないといけないのか。



ほんと、モチーフからしてデスザウラーを倒すために生まれてきたのは運命なのではないかと。







IMG_5584.jpg 
火を噴くデスザウラーの荷電粒子砲、唸るマッドサンダーのマグネーザー。



ウルトラと並べるのもいいけど、やはり共和国からしたらカタルシスもありマッドサンダーと並べたくなる。



そりゃバトスト的に雷神誕生までに2巻も要したんだから、ワクワクするしかない。









IMG_5576.jpg そんなわけでマッドサンダーでした。



箱の型番は08なのに、付属のシールは09というトミークオリティ。



後に再販されたのはいいけど最終的に投げ売りされて、今ではお察しのプレ値。



ジャンクを買うのもいいけど、折れていないのを求めるなら新品を買うしかないとはいえハードルがなかなか高いゾイドです。



しかしデスザウラーのライバルを並べたいとか、共和国で雷神大好きとかいうならぜひとも手に入れてほしいゾイドです。
関連記事
スポンサーサイト
category
へリック共和国
tag
ゾイド
タカラトミー

Trackback

http://ultramanday.blog71.fc2.com/tb.php/239-f398c19f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。